search
Page Top
  • Top page 
  • 個人情報開示について

個人情報開示について

個人情報に関する利用目的の通知、 開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等のご請求は、後記(2)の注意事項を確認の上、所定の申請書および本人確認書類を同封いただき、後記(3)の株式会社スーパーリージョナル個人情報保護に関する苦情・相談窓口宛てに郵送して下さい。開示等の方法は書面により行い、ご本人の住民票記載の住所に郵送いたします。

(1)申請に必要な書類について

開示等のご請求を行う場合、以下の当社所定の請求書関連のうち該当するものをダウンロード(PDFファイル)し、所定の事項を全てご記入の上、ご本人確認のための書類を同封してください。なお、ダウンロードできない方は後記(3)の株式会社スーパーリージョナル個人情報保護に関する苦情・相談窓口にお問い合わせ下さい。

請求書関連(クリックしてダウンロードして下さい)

  1. 利用目的の通知請求書(PDF:72KB)
  2. 個人情報 開示請求書(PDF:72KB)
  3. 個人情報の内容訂正、追加または削除の求め(PDF:76KB)
  4. 個人情報の利用停止、消去及び第三者への提供停止の求め(PDF:77KB)

ご本人確認のための書類

  1. 住民票(外国人の方は外国人登録証明書)
  2. 公的機関が発行した氏名住所の記載のある身分証明書のコピー(例:運転免許証、保険証、パスポート等)

※どちらか1通が必要です。本籍地の記載があるものに関しては、本籍地欄を塗り潰した上で同封下さい。

代理人による開示のご請求について

開示のご請求を代理人が行う場合は、上記2.の書類に代えて、下記AまたはBの書類を同封して下さい。

A.法定代理人の場合

次のア)イ)の書類をご用意下さい。

ア)

法定代理権があることを証する書類

未成年者の場合:戸籍謄本1通

成年被後見人の場合:登記事項証明書1通(東京法務局後見登録課にお問い合わせ下さい。)

イ)

法定代理人の本人確認の書類

法定代理人の住民票(あるいは外国人登録証明書)と公的機関が発行した氏名住所の記載のある身分証明書のコピー(例:運転免許証、パスポート等)の各1通(住民票および身分証明書の両方が必要です。)

B.委任による代理人の場合

次のア)~ウ)の書類をご用意下さい。

※どちらか1通が必要です。

ア)

委任状(実印で押印)1通

未成年者の場合:戸籍謄本1通

成年被後見人の場合:登記事項証明書1通(東京法務局後見登録課にお問い合わせ下さい。)

イ)

a. 代理人の住民票(あるいは外国人登録証明書)

b. 公的機関が発行した氏名住所の記載のある身分証明書のコピー(例:運転免許証、保険証、パスポート等)

ウ)

本人の住民票および印鑑証明書の各1通(両方必要です。)

(2)注意事項

  1. 所定の申請書類に不備がある場合は開示できない場合があります。
  2. 代理人による申請の場合、代理権が確認できない場合は開示いたしません。代理権の確認のため本人に連絡させていただく場合があります。
  3. 個人情報の確認照合手続きの関係で開示書類のお渡しに時間がかかる場合がありますのであらかじめご了承下さい。
  4. 調査の結果、対象となる個人情報を保有していない場合はその旨を通知し、対応終了と致します。
  5. 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れのある場合、株式会社スーパーリージョナルの業務の適正な実施に著しい支障を及ぼす場合、法令に違反することとなる場合は、全部または一部を不開示とさせていただきます。
  6. 開示の方法は書面により行い、原則本人を受取人として住民票に記載の住所に郵送します。(委任による代理人が申請者の場合でも開示対象者本人を受取人として住民票に記載の住所に郵送します。法定代理人が申請者の場合は法定代理人を受取人として住民票に記載の住所に郵送します。ご同封の必要がある返信用郵送費につきましては各請求書の注意事項に記載いたしました。ご確認ください)
  7. この開示手続きでご提供された個人情報は、本人確認、個人情報との照合、本人または申請者(代理人)との連絡等の開示手続きに必要な範囲で利用いたします。なお、申請書類は返却いたしません。

(3)受付窓口

 
 Page Top